使い捨てコンタクトのメリット
2017.06.28

青い目の女性眼鏡と比べコンタクトレンズは毎日着用する事が多い製品の為、雑菌やカビの発生、タンパク質の付着が起こりやすい製品であると同時に、劣化したり紛失したりと眼鏡よりも耐久性が高い製品とは言えません。通常のコンタクトレンズを利用している方でも毎日家に帰ってコンタクトのケアをする時にコンタクトに傷をつけてしまったり、破れる等の事例も多く突然のトラブルが起きると再度購入まで時間がかかったりするものです。
しかし使い捨てのコンタクトレンズであれば、トラブルが起きても新しいコンタクトレンズをすぐにパッケージを分離して利用する事も可能な上、めんどくさいコンタクトケアの手間にかかる時間も必要ありません。
また使い捨てのコンタクトレンズの場合は通常タイプと比べると、利用する毎に新しいコンタクトレンズを使う事になる為、衛生的で傷や汚れが付いていないコンタクトレンズとなり見えにくさが起こりにくく毛様体筋の緊張も改善されます。汚れが付着し見えにくくなったコンタクトレンズでは、毛様体筋が必死でピントの調整を行う事になり、疲れ目や視力の低下を起こす事にもなるので、ただでさえ汚れやすいコンタクトレンズはクリアな新品ほど適している製品ともいえるのです。
特に使い捨てコンタクトレンズの場合は、不具合が起きる前に新しいレンズの装着となる為、タイプに応じた適したケアを行う限り角膜への感染症のリスクが低く、清潔にされていないケースへの保存や装着時に無意識に触れる瞼などからケース内に入り込む菌からの感染リスクも減ります。
また個別包装されている使い捨てのコンタクトレンズの場合は、急なゴミなどのトラブルへの対応や外出時のケアをする必要もなく、まさに使い捨ての名の通りおかしいなと思ったらすぐに交換できるメリットは、通常タイプや管理をしなければならないコンタクトとは違い大きな利点であることは間違いありません。旅行やアウトドアなど眼にゴミが入りやすい場面も多く、すぐに交換できる使い捨てのコンタクトのメリットであれば、洗浄や殺菌する心配もなくすぐ利用できる利便性を実感できるのは確実です。
さらに最近では、割高な使い捨てコンタクトレンズであっても、コンタクトレンズを激安で販売する店舗をはじめ、コンタクトレンズの通販などで購入すれば一回当たりのコストを下げる事も可能です。自分の眼に装着するコンタクトレンズは、いわばインプラントと同じだけに常に新しいコンタクトレンズはそれだけ眼の健康を保つ上で、必要不可欠となります。

▲ ページトップへ