ホーム » 介護士の仕事を新潟でステップアップする方法

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    介護士の仕事を新潟でステップアップする方法

    昨今、高齢者が増加傾向にあり、自ずと認知症高齢者も増加傾向にあります。高齢者の介護を仕事とする介護士の需要は今以上に増えてきます。そのような状況の中、どんな状態の方でも、適切に介護・支援をしなければなりません。その為には、自己研鑽・自己啓発をしてステップアップしていく必要があります。介護士としてのステップアップするためには、研修に参加して資格を身に着けることが大切です。初任者研修を修了し実務者研修を終了して、国家資格に定められている介護福祉士の受験資格を得られます。介護福祉士の試験を受験し、合格して介護福祉士として登録することで、介護福祉士として働くことができます。新潟県でも、講師を事業所に派遣し介護技術の研修を行ったり、新潟県の介護福祉士会でもステップアップ研修は企画されています。そういった研修に参加することで、介護士として、ステップアップし仕事内容も充実していきます。

    介護士の仕事内容について説明します

    介護士の仕事と一口で言っても、誰を対象とするかによって微妙に仕事内容は異なってきます。高齢者を対象とするのか、障害者を対象にするのか、病院で入院をしている患者を対象とするのか等です。共通している仕事内容は、具体的には身体的介護(食事・排泄・入浴・口腔ケア等)と心理的支援(今後の病気への不安等)です。心理的支援に関しては、対象者との信頼関係が大切です。また、価値観は人それぞれですので、自分の価値観を相手に押し付けるのではなく、視野を広げて支援していく必要があります。場合によっては、専門機関を紹介したり、自らが橋渡しをするケースもあるかもしれません。その他にも、生活支援として食事作りや掃除を行うこともあります。介護士としての仕事内容は、新潟県の福祉人材センター等で紹介しているので参考にしてみて下さい。

    介護士の資格について説明します

    福祉の業界では、資格がなくとも仕事をすることが許されています。人に対して支援する以上、一定の資格を得てから従事することが望ましいです。最初の資格としては、初任者研修があります。介護の仕事を始めて経験年数が少ない方が対象となる資格です。介護の基礎を学ぶことができます。次に、実務者研修があります。より専門性が増していきます。介護現場では、リーダークラスの方が保持している資格です。最後に介護福祉士があります。実務者研修を修了していないと受験が出来ません。介護福祉士は介護士として一番上の専門資格です。介護現場では主任や管理者クラスの方が保持している資格です。初任者と実務者研修に関しては、短期間学校に行かなければなりません。新潟県内においても、様々な施設や企業が養成講座として開催しているので確認が必要です。また、新潟県でも、介護資格所得の貸付事業も行っているので合わせて確認が必要です。