コンタクトレンズ通販サイトランキング

第1位 メアシス

  • 良質なコンタクトレンズをお手頃価格で購入

  • 使用者のスタイルに合わせた豊富なラインナップ

  • 公式サイトでコンタクトレンズの基礎知識をチェック

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

メアシスに対するみんなの口コミ

有名メーカーの良いコンタクトをまとめて定期購入できて便利だと思いました。私が毎日着けるコンタクトは決まってますので、余計...
私は頻繁にコスプレイベントへ参加しているのですが、コスプレに使うベストなカラーコンタクトをここで見つけれて感激しました。...
コンタクトレンズは毎日使う消耗品ですので、できる限り安く手間なく手に入れ続ける必要があります。そういった意味でも、レンズ...

正規ルートのコンタクトレンズを格安販売

コンタクトレンズはデリケートな医療機器ですから、できる限り信頼できる購入先を選びたいところです。国内産のレンズを正規ルートで購入しているメアシスは、安全性や品質の点からオススメできる業者ですよ。

第2位 アットスタイル

  • 人気の一流コンタクトレンズをネットで一括購入

  • レンズだけではなくケア用品も取り扱っている

  • 送料無料になるお得なセット購入がおすすめ

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アットスタイルに対するみんなの口コミ

コンタクトユーザーというのは、毎月の経費に一定のレンズ代が必要になってしまいます。ですからレンズ代は少しでも安くしておき...
僕は乱視がきついのですが、こちらでは乱視用のコンタクトレンズも取り扱っているので助かりました。変な海外メーカーとかではな...
定期購入の支払いですが、クレジットカードにも対応しているのが便利だと思います。忙しい社会人にとって、生活必需品を買う度に...

使い捨てコンタクトをコスパ良く購入

数が多ければ多いほど、レンズ一個あたりの単価が安くなるのがコンタクト通販のメリットです。アットスタイルはより大量購入に向いている通販サイトですよ。医師の処方箋が無くても簡単に購入可能です。

第3位 レンズダイレクト

  • オシャレな最新カラーコンタクトも揃ってます

  • 自社一貫管理体制により、高品質な商品を安定提供しています

  • 取り扱っている商品すべてが安心の純国産です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

レンズダイレクトに対するみんなの口コミ

前から気になっていたフチ付きカラーコンタクトを試してみました。目元がクッキリするようになり、周りからの印象がかなり変わっ...
コンタクトレンズは眼球に直接装着する医療機器ですので、インターネットの通販購入というのはちょっと抵抗感がありました。でも...
ソフトコンタクトのまとめ買いに重宝しております。有名なブランドレンズでも、ここならまとめ買いでかなり安く買えます。同時に...

豊富なレンズが視力もオシャレもサポート

生活必需品としてのコンタクトだけでなく、素敵なオシャレカラーコンタクトも取り扱っているのがレンズダイレクトの特徴です。信頼性の高い国産レンズメーカーの商品をリーズナブルに購入可能となっています。

第4位 DoctorLens

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

有名レンズブランドを格安購入できますよ

人気国内メーカーが手掛ける良質なコンタクトレンズなら、DoctorLensが探しやすいです。商品ラインナップも豊富にとり揃っていますので、選択肢が幅広く様々な需要に対応できる懐深さがありますよ。

第5位 LENSMODE

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

人気のレンズを自宅にいながら快適購入

近所のメガネ店に欲しいブランドレンズやフレームが無くても、LENSMODEのネット通販なら在庫があるかもしれません。国内外の人気メーカーを幅広く押さえているので、公式ウェブサイトをチェックです。

ソフトとハードの違い

ジュースコンタクトレンズと一言で呼んでも数多くの種類がありますが、その中でも憶えておきたいのはソフトタイプのコンタクトレンズとハードタイプのコンタクトレンズの二種類が存在します。コンタクトレンズが生まれた当時は、ハードコンタクトレンズしかありませんでしたがそのうち柔らかい素材が開発され、今では当たり前の眼にフィットするソフトコンタクトレンズが生まれてきました。ですが、その両方に一長一短がある事から、その人に合ったコンタクトレンズを使う事が必要なため今でもソフトタイプかハードタイプを選べるようになっています。
ソフトタイプの大きな特徴はまず何と言っても着け心地の違和感がハードコンタクトレンズに比べると圧倒的に少ないという点があります。最近では眼に入れたまま数日間使える製品も開発されるなどその装着感を売りにしている反面、ソフトコンタクトレンズは眼に張り付く形のコンタクトのため、使用法を守らないと眼球の酸素不足や水分不足、血流障害や様々な症状を引き起こす要因も生み出しています。
またハードコンタクトレンズは、慣れるまでは目にゴミが入ったかのような違和感がありますが、慣れてくると落ち着くものの装着上どうしても眼の涙の上に載せておくという仕組みはソフトコンタクトレンズほどの安定性や密着感は得にくいタイプのコンタクトレンズです。しかし涙が境目に存在する分、眼球には絶えず酸素や栄養素が送り込まれ、ソフトコンタクトレンズの様に張り付いてしまわないのでドライアイにはなりにくく眼の負担や健康を考えた場合、ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズと比べると眼の為には最適なレンズとなります。
また利用する人によっては眼球の大きさや瞳のタイプは千差万別のため、希望するタイプのレンズを選べないこともありますが、長年コンタクトを利用する事で起きる最悪の失明を伴う弊害を避けるためにも適切なレンズ選びは避けて通れません。

度数の調べ方

茶髪気になる眼の度数の調べ方で、まず簡単なのがコンタクト取り扱いも可能な大手の眼鏡量販店で調べて貰う方法があります。最初はお金がかかっても自分の眼に正式に合ったコンタクトを一度利用し、以降は同じメーカーの同じ度数をコンタクトレンズの通販を利用して激安で購入する方も多い方法です。また後に後遺症を残さない適切な方法としては正式に眼科への受診をしたうえで、度数や眼の現在の状態を調べて貰う事が確実となります。
眼科でコンタクトの為の受診となるとその病院で購入させられると考えている人もいますが、実は先述したコンタクトの取扱をしている眼鏡量販店には正式に地元の眼科医と提携する事で適切なレンズや、使用の可・不可も同時に判断してくれます。
特に結膜炎でのコンタクト装着や、ドライアイでのコンタクトの装着は非常に大きな後遺症を引き起こす恐れもある為、度数を調べるついでに眼科医の診断を仰ぎコンタクトをつける事ができる状態かを確認しておきましょう。
コンタクトレンズを激安で買うためコンタクトレンズの通販価格を調べる前に、まず必要となるのは利用可能な度数と自分の眼に合ったコンタクトレンズを選ぶ事が最優先なのは間違いありません。

1か月でかかる費用について

金髪の女性コンタクトの維持費は後々に続く眼の健康リスクを考えるのか、今の価格を最優先するのかでは使う人によっては判断が違う事もあり、使う人の考え方次第で基準が変わるという面があります。
もし参考とするならば、通常の一般的なソフトコンタクトレンズを眼科等で両目で約2万円程度で購入し、その後の洗浄液等合わせ一年間維持したとしても合計4万円以下の年間維持費となりますので一か月のボーダーラインはおよそ3000円~4000円程度となります。利用する洗浄液やコンタクトの度数や性能によってはもう少々価格が下がるとは思いますが、初期のコンタクトが発売された以降使い捨ての製品が開発され、装着期間はどんどん伸びていき、利便性が上がった分、1dayタイプの使い捨てコンタクトレンズを1か月間眼科購入した場合、およそ5000~7000円がかかります。
ですがコンタクトレンズを激安販売をしているコンタクトレンズの通販等で1dayタイプのレンズを購入する場合、コンタクトレンズの度数にもよりますが大容量版の製品を利用すると3000~4000円、お店によってはそれ以下に抑える事も可能となりますが、ほぼ通常タイプのコンタクトレンズと同じような維持費にすることが可能となります。
特に2week用の場合で両目の度数が同じ製品であれば3か月タイプだと一か月あたり1500円近辺の製品もある為、価格だけで見ると非常に魅力的に映りますが、その分適切な洗浄や手間が必要となります。

コンタクトのケアの仕方

黒髪の女性コンタクトレンズは眼の中に入れて使う為、特に水分を多く含むソフトコンタクトレンズは知らないうちにタンパク質汚れやカビ、雑菌が非常に繁殖しやすい特徴を持っています。以前は洗浄後煮沸消毒などを行う器具で洗浄殺菌を行っていましたが、今は過酸化水素を用いたりMPS(マルチパーパスソリューション)方式と呼ばれる薬剤を利用し、洗浄、消毒、保存を手軽にできるケア製品が登場しています。
特にソフトコンタクトレンズは、熱による劣化やこすり洗いによるレンズの破損を引き起こす事が多く、より手軽な過酸化水素タイプの洗浄方式の利用が人気となっています。
またハードコンタクトレンズは、レンズの構造上ソフトコンタクトレンズよりも汚れには強く、軽く水洗い後、洗浄、保存、タンパク除去が可能な酵素を利用した1液タイプのコンタクトケアもあります。
その他にも洗浄とタンパク質を分解させる薬液が別々の二液タイプや、タンパク質除去のためにレンズに薬剤を落とし指でこすり洗いする研磨タイプがありますが、こちらもより簡単な1液タイプが主流になりつつあります。
どちらのコンタクトレンズにせよ洗浄とタンパク質除去は必要で、ソフトコンタクトレンズの場合は殺菌やカビの繁殖範を防ぐことがプラスされるため適切なケアが必要となります。
ですがコンタクトレンズを購入する場合、ほとんどのお店でコンタクトケアのキットは取り扱いがあるので、コンタクトレンズを激安で販売するコンタクトレンズの通販ショップでケアキットを一緒に注文する事でこちらも市販品より割安に購入が可能となります。

▲ ページトップへ